0~5万円を稼ぐ 10~30万円を稼ぐ 30万~100万円を稼ぐ 5~10万円を稼ぐ お金を稼ぐ お金を節約する 人気の記事 人生観 自己啓発

お金に困っている方必見!考えを変えればお金は貯まる?

投稿日:

 

 

 

こんにちわ、管理人のabibiです(^_-)-☆

どうも閲覧いただきありがとうございます。

 

今回の記事の内容は

【お金に困っている方必見!考えを変えればお金は貯まる?】

のことについて詳しく書いていきたい

と思ってますので良かったら最後までお付き合いくださいませ(´・ω・)

 

 



 

 

お金が欲しい!と思う人程、理由と答えを考えない

 

よっぽど、生まれつきのお金持ちでもない限り、

誰でも「お金が欲しい」と思ったことってあると思います。

 

中には毎日口癖のように「お金が欲しい」と言っている人もいるかもしれませんね。

 

「お金が欲しい」というのを考えること自体は、

 

決して悪いことではありません。

 

 

ですが、

「お金が欲しい」と思っているひとで、その理由と答えまで

考える人って意外と少ないんです。

 

 

 

【なぜお金が必要で、どうやったらこれ以上お金が増えるのか】

 

 

当たり前のように、お金が欲しいと思い、

思っているだけでは行動しないと変わらないということを

理解しているにも関わらず、

深くは考えない。

 

 

これこそが今回のテーマであり、

おかねが貯まらない原因なのです。

 

 

 

 

 

 

お金というのは何かの対価である

 

では、

実際にお金を増やしてください!

 

と言われた場合、まず思い浮かぶのって

「働く」というキーワードが頭に浮かぶ人が半数以上だと思います。

 

ここで「何かを売る」「何らかの取引をする」「借りる」など

考えた人はある意味ビジネスのセンスが高いかもしれませんね。

 

 

ここで大事なのは、方法ではなく

何に対する対価で、自分は何を提供しているのか

正しく理解しているということです。

 

 

例えば、「働く」であれば、それは自分が行動した労働力の対価です。

例えば、「何かを売る」であれば、それは自分の持っている商品に対する対価です。

例えば、「借りる」であれば、それは個人の信用に対する対価です。

 

 

つまり、自分の持っている何かと引き換えに、

対価として、お金というのは得ることができるんですね。

 

 

基礎中の基礎ですが、このことを考えないひとが

結局多いから、「お金が欲しい」と思ってもお金は増えないんです。

 

まとめると、

 

「お金が欲しい」→「自分はいま、どんな価値を提供できるか」

 

と考えなくてはいけないんです。

 

一気に受動から能動に変わったことがわかりますよね。

(お金は貰うのではなく、稼ぐということです)

 

 

 

 

 

お金が欲しい、明確な理由を動機にする

 

過程については、理解できたと思います。

 

あくまで難しいことではないです、

電気がつくのと一緒で、何かのエネルギーが必要で

エネルギーというのはこちらが用意する必要があるというだけの話です。

 

 

では、

 

なぜ電気をつけたいのか。

なぜあなたはお金を欲しいのか。

 

【理由】というのは、動機につながりますね。

 

 

「何となく暗いと怖いから」と

「暗いと崖から落ちてしまって命が危ないから」

だとどちらの方が電気をつける動機になるでしょうか?

 

もちろん、後者の方が、

やらなくてはいけないという義務感にかられますよね。

 

あ、ちなみに、

エジソンが電気を作った理由は

彼は貧しく、生活に困っていたため「自分がお金を稼ぐため」に電球を作ったそうです(余談

 

 

これらの話と同様に、

理由が明確であればあるほど

確実な動機になります。

 

 

 

別にくだらない理由であっても、

明確であれば問題ありません。

 

 

「お金はあるに越したことない」

というのより

「絶対に年末はハワイに行きたい」

という方がお金は稼げますよね。

 

という話です。

 

 

 

 

 

 

お金は稼ぐことより、使うことの方がはるかに簡単

 

さて、以上のことを踏まえて、

もう一つ忘れてはいけないことがあります。

 

それは、

「お金は稼ぐことより、使うことの方がはるかに簡単」

ということです。

 

 

なにをいまさらと思う方もいると思いますが、

 

先ほどのように、

お金を稼ぐというのは能動的にならなければいけませんが、

お金を使うというのは、生きていれば受動的でも

お金ってなくなっていきます。

 

 

よく

「使った分以上稼げばいい」

と考える人もいますが、

 

この考えが一番危ないです。

 

というのも、

自分がお金を稼ぐ能力をしっかりと

見極められている場合は何も問題ありませんが、

 

自信過剰や明確なヴィジョンがないうちに

「稼げる」と思うこと自体が

すでに、計算を誤っているのです。

 

 

たとえ年収1000万稼いだとしても、

毎年1000万使っていれば、増えたお金というのは

0ですし。

 

 

 

自分の現状の収入にあった使い方を心がけることは

 

お金を貯められる人が持っているマインドであることに間違いありません。

 

 

 

 

 

 

お金を稼ぐ限界というは自分で決めるもの

 

最後になりますが、

お金を稼ぐ限界というは自分で決めるものです。

 

一個前のトピックは反対に、

自分の能力を蔑みすぎるというのも、

お金を貯められない人の主な特徴になります。

 

 

現代では、どこかの時代の社会的身分制度もないので

生まれたときから、限界が定められているなんてことはありません。

 

 

本当にお金持ちになりたいと

あなたが強く望むのであれば、

それは不可能なんてことはありません。

 

ある程度段階を踏んで、

自分のお金を稼ぐ限界を適切なレベルに判断することは

 

今回のテーマで一番大事なことと言えます。

 

 

冒頭で述べたように

「お金が欲しい!」

と思うのであれば、

 

まず、

なぜお金が欲しいのかを明確にし、

どのくらい必要なのかのレベルを適切に判断し、

そのために自分は何の対価を支払うことができるか、

 

を考えれば、

「お金が欲しい」という

明確な理由と答えがわかってくると思います。

 

 

少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

今回はこれで以上になります。

お気軽にコメントや共有していただいて構いません♪

最後までお付き合いいただき有難うございました(。・・)ノ゙




-0~5万円を稼ぐ, 10~30万円を稼ぐ, 30万~100万円を稼ぐ, 5~10万円を稼ぐ, お金を稼ぐ, お金を節約する, 人気の記事, 人生観, 自己啓発

Copyright© 副業で確実に月収50万円稼ぐためのサイトーABILOG  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.