10~30万円を稼ぐ お金を稼ぐ アルバイト ビジネス 人気の記事 副業 大学生 就活

【実録】高時給のコールセンターバイトって実際どんな感じなの?

更新日:

 

 

こんにちわ、管理人のabibiです(^_-)-☆

どうも閲覧いただきありがとうございます。

 

今回の記事の内容は

【高時給のコールセンターバイトって実際どんな感じなの?】

のことについて詳しく書いていきたい

と思ってますので良かったら最後までお付き合いくださいませ(´・ω・)

 

最大3万円のお祝い金!
Wお祝い金で最大6万円!
バイト求人【アルバイトEX】

 



 

コールセンターのバイトは大変そう?

 

皆さんは、

コールセンターバイトって聞いてどんなイメージを持っていますか?

 

きつそう

覚えるの大変そう

女の人が多そう

ストレスになりそう

時給が良さそう

声が良くないと出来なさそう

つまらなさそう

 

などなど、

時給的には良さそうだけど、あまり仕事内容的に良いイメージって

無いかもしれませんね(笑)

 

 

今回の記事では、

実際に私がコールセンターで働いていた感想といいますか

体験談を詳しく書いていけたらと思いますので

 

バイト探してたり、お金が欲しかったり、興味本位でも

何でもいいので

最後までお付き合いいただけると嬉しいです(^▽^)/

 

なお今回も

実際に私が以前働いていた会社の体験談に基づいてますので

どの企業にも当てはまるかどうかはわからないので

そこだけは注意してくださいね!

 

 

 

 

コールセンターでのバイトは大きく分けて二種類

 

まずコールセンターバイトとは、

(テレアポテレオペとも言いますね)

 

ざっくりいうと、

電話を使って仕事するアルバイトのことを指します。

 

中でも、業務形態を大きく分けるとすれば、

 

・お客様窓口などの電話での問い合わせ対応担当(オペレーション)

・企業の電話営業担当(アポイント)

 

の二種類が挙げられます。

業界に関しては、

通信・住宅・物販・サービス・保険・金融をはじめ多岐にわたりますが、

 

簡単に言えば、

こちらが(アルバイト)がお客様から電話を受けるのか

こちら(アルバイト)からお客様に電話をかけるのか

 

の2パターンになります。

 

 

 

 

コールセンタースタッフの仕事内容について

 

先ほど、業務形態は2パターンあると述べましたが、

実際にアルバイトにやってもらうことといえば

どちらの業態でも同じで、

 

求人でも手前文句のように謳ってますが

基本は「マニュアルを読むだけ」です(笑)

 

別にすぐ暗記する必要もありませんし(まあ会社によるかもしれませんが)

 

一日に何十、何百と電話していれば、

勝手にマニュアルもインプットされてきます。

 

マニュアル制作側もそれなりにノウハウはあるので

変な質問とかお客様にされたところで、ほぼほぼマニュアル読めば対応できます

 

電話しながらマニュアル見れるところがほとんどだと思いますし、

最悪の場合は、上司にバッターチェンジするだけなので

 

難しさというのは、

はじめの印象より百倍楽な仕事内容です。

(ましてや座り仕事なので、体力的には全く疲れません。少し肩が痛くなるくらいですね。。)

 

 

 

 

 

コールセンターでバイトをするメリット

 

では実際に色々アルバイトを経験してきた私が感じた

コールセンターで働いたときのメリットを挙げていきたいと思います。

 

とにかく基本時給が高い

 

コールセンターの平均時給は、

東京都内でおよそ1200~1300円くらいです。

高いところでは2000円以上なんてのもあります。

 

飲食店などでは、1000円超えれば良いみたいな中で

深夜手当含めても、コールセンターの時給は適わないでしょう。

 

さらに、コールセンターは慣れるにあたって

流ちょうに話すことやマニュアルを覚えるのが速い人では

時給がかなり上がりやすいです

 

私の以前の職場では、

2カ月目で、1100円→2000円に時給が上がった強者も実際にいました。

しかもただの大学生です。

(電話対応ではなく、電話営業の仕事でしたが)

 

電話営業の場合は、基本的にノルマを設定しているところは少なく、基本給+獲得件数ごとのインセンティブという形が現在の主流なので、頑張った分だけ給料に反映されるから頑張れますね

 

 

 

 

体力に自信がない人にはうってつけ

 

先ほども言いましたが、

基本は座り仕事になりますので、

トイレ以外で席を立つ機会というのはほとんどありませんし、

夏でも冷房の効いた事務所での座り仕事になります。

 

普通の事務職よりも、身体を動かすことはほとんどないと思います。

 

又、どうしてものどが渇いてしまう仕事なので

基本的に水分補給はいつでもしていいという会社が多いのも事実です。

 

ただ結構しゃべり続けなくてはいけないので、声が枯れてきたり。長時間ヘッドセットをしてるので、耳が痛くなったりは、ややありました。

 

 

 

 

体感の時間経過が速い

 

コンビニや受付などのバイトって

どうしても暇な時間や待っている時間というのがありますが

 

コールセンターの場合ですと

人と話している時間の方が必然的に長くなりますので

時間経過がはやく感じます。

 

また、私が働いていた会社の場合は、

効率を上げるために、

学校の授業のように、1時間半ごとくらいに10分くらいの休憩がありましたので

体感時間はかなり速かったです。

 

私は喫煙者でしたので、こまめな休憩というのはかなり有難かったですね。集中力の維持が比較的しやすかったです。

 

 

 

 

事務職系の割には、圧倒的にバイトが多い

 

コールセンターの仕事は、

大別すれば事務系の仕事ということになるかと思いますが、

 

スーツできっちりという風潮よりも

私服でラフな環境で働けるところがかなり多いです。

 

むしろ、染髪OK・ピアスOKなど書かれている求人については

オフィスワークのイメージというより

サークルでワイワイ系をイメージした方が合っている

可能性すらあります。

 

以前の職場では、事務所内に

BGMで洋楽が常に流されていて、

お堅い系の職場をイメージしていたのと反対で

「イケイケの職場だなー」って思ったのが私の第一印象でした。

 

また、社員よりもアルバイトの割合がほとんどで

基本的に学生不可と記載されていないような会社では

平均年齢がかなり若いです。

 

あと女性ばかりな職場のイメージを持っていましたが、半数以上は男性だったし、コールセンターのイメージっていうのは簡単に覆されますw

 

 

 

 

シフト融通が利く会社が多い

 

結構コールセンターって、シフトの融通が利くところが多いです。

理由としては、

雇用人数が基本的に多く、休まれると困るという場面は比較的少ないからです。

 

ましてや営業系の場合だと

当日休まれても、別の日に稼働して貰えれば何ら問題ないという会社もあります。

 

というのも、売り上げや業績は基本的に月単位なので

当月の総労働時間をあらかじめ決めておけば

いつ出勤されても、稼働に変更は特にないんです。

 

 

例えば、諸般の事情で当日欠勤する場合などは

 

飲食店の場合は、代わりに出勤できる人を探すんですけど

コールセンターの場合は、代わりに出勤できる日を探すことになります。

 

なので本業で不定期の仕事をしている人が

副業・Wワークとしてコールセンターバイトをしている場合っていうのも

結構ありました。

 

余談ですが、歌手や声優、声に関する仕事をしている人が、シフトの融通が利くので、副業として働いているケースも結構多いそうです。以前の職場にもそういう人多かったです。

 

 

 

 

コールセンターでバイトをするデメリット

 

次に実際に経験してきた色々なアルバイトと比較したときの

コールセンターで働いくデメリットを挙げていきたいと思います。

 

 

コミュニケーション力や精神力がそれなりに必要

 

まあコールセンターと聞いて、

一番思い当たることが、この部分だと思いますが。

 

結局どのような仕事内容であろうと、

お客さんからのクレームだったり、いちゃもんをつけてきたりというのが

接客や営業に関しては必然要素ですよね。

 

ましてや、

顔の見えない相手ですので、意思疎通がうまくできなかったり

理不尽な内容のクレームを受けることは他の仕事よりも

比較的多いです。

 

接客(人と話すこと)自体が苦に感じる人は

向いてないと断言できますw

 

対面はしませんが、コンビニバイトなどよりも数倍

コミュニケーションをとる力は問われますし、

些細ないやな事には感傷しないメンタルが必要になります。

 

ちなみに個人情報を取り扱っている関係上、勤務中のスマホ利用などについてはかなり厳しいですので注意してください。

 

 

 

 

労働時間が限られている場合がある

 

そもそも電話対応っていうのは、24時間対応しているところは少なく

基本的に9時~17時や10時~21時とかだったり、

営業時間以外の勤務というのはほとんどありえないです。

 

なので会社にもよるんですけど、

比較的勤務時間は選べず、定められた勤務時間については

変動や融通はほぼありません。

 

ですから残業などほとんどありませんので、

決められた時間しか働けないというのをメリットととるか

プラスで稼げないのでデメリットととるかは微妙なところです。

 

あとは、飲食店と同じで、

顧客が土日に集中することが多く

土日は出勤してほしいという会社も、意外と多いです。

 

これは会社によりますが、週1日~というところはかなり珍しいと思います。基本的に週3日以上くらい稼働できないとコールセンターは厳しいかなという印象。

 

 

 

 

仕事をするうえでやりがいとか楽しさは微妙

 

ここら辺に関しては、一概には言えませんが

 

電話営業の場合は、営業獲得件数というのが

目に見えてわかるのでやりがいはあると思います。

 

しかし、電話対応の場合は、

わかりやすいやりがいというと、

「いかに上手にお客さんを捌くかや対応できた件数」

くらいなのでうーんという感じ。

 

一方、楽しさについてですが、

接客が好きな私個人の意見としては

 

「飲食店とかの接客の方が楽しい」です。

 

相手の顔は見えないので感情はわかりづらいですし

電話オペレータというのは、無駄な時間を省かないといけない傾向にあるので

世間話などすることもあまり多くないです。

 

どちらかというと

淡々と仕事をマニュアル通りにこなしていく感じ

をイメージされた方が良いかとは思うので、

それにやりがいや楽しさを見つけることは難しいかなとは思いますね。

 

まあ人によりますが、良い声でしゃべる練習はできるので、イケボになったり、歌がちょっとだけ上手くなる!?かも(笑)

 

 

 

 

こんな人はコールセンターバイトをした方がいい!

 

はい、最後にまとめがてら

コールセンターで働くことに向いている人を挙げたいと思います。

 

・とにかく時給の高い仕事がしたい

話すことが得意で、コミュニケーションをとることに自信がある

体力がない、自分で頭や身体を使って仕事したくない

・違う仕事もしてるので、融通を利かせて副業したい

・そんなに長期的に働くつもりもないので、難しいことはしたくない

 

 

 

一方、こんな人は絶対に長続きしない場合

 

普段無口であまりしゃべらない

ネガティブでメンタルが弱く、いやなことがあるとすぐ挫折してしまう

・繰り返し作業が嫌いで、仕事上のやりがいや楽しさのみを求める

 

 

 

私が思うコールセンターバイトについて

体験談をもとに記事にしてみましたが、

皆さんのイメージとは違ってましたかね?

 

まず時給的に見ても、

稼げるバイトであることは

間違いないですし、

 

やってみると電話での対応が

みるみる良くなったり、

電話以外でも話し方や敬語の使い方などがかなり身につきますので

 

学生からお金のないフリーターまで

幅広くおすすめできるとは思います。

 

 

一度コールセンターバイトやってみても

面白いかもしれませんね(^▽^)

業界特化の求人情報、多数掲載!【アルバイトEX】


↑コールセンター・テレアポ・テレオペで検索してみる↑

 

 

では、今回はこれで以上になります。

お気軽にコメントや共有していただいて構いません♪

最後までお付き合いいただき有難うございました(。・・)ノ゙




-10~30万円を稼ぐ, お金を稼ぐ, アルバイト, ビジネス, 人気の記事, 副業, 大学生, 就活

Copyright© 副業で確実に月収50万円稼ぐためのサイトーABILOG  , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.